Search:

大阪府下で目にする不用品回収ビジネス

年に数回する大掃除では不要品が多く出てきます。
ずっと使っていない衣服や、壊れたまましまい込んでいた家電製品などが、
家の収納スペースを圧迫していても、
いざ処分するとなると費用がかかるので躊躇してしまいがちです。
最近になって、私の家のポストに、
「不用品を無料で回収するからこのチラシを貼って決められた時間に出して下さい」
という内容のチラシが頻繁に入るようになりました。
無料で不用品回収してくれるのならこんなに有難い事はない、と思ってしまいますが、
ここには危険なトラブルが潜んでいる可能性があるのです。
大阪府下の、私の住む自治体のホームページを確認したところ、
家庭からの不用品を廃棄物として収集するには許可が必要ですが、
そのような許可は出さないということでした。
後で料金を威圧的に請求され断れなかったり、
不法投棄されていたというケースも書かれています。
トラブルに巻き込まれ予想外な結果になるよりも、決められた方法で処分しましょう。